カルチャーカフェ

カルチャーカフェは、講師の方のお話を聞いて、それについてみんなでわいわいおしゃべりをするという、そういう集まりです。ちょっとカッコよくいえば、「知のフォーラム」というところ。テーマは、教育・文化・経済・社会など多岐にわたります。

スタートしたのは、2008年春のこと。最初は、指導者も含めて、公文式教室のスタッフが講師をつとめた小さな勉強会でした。それ以来、間遠になったこともありますが、今まで続けてこられたのは、本当にたくさんの方々のご協力・ご支援の賜物です。あらためて御礼申し上げます。

そして、2020年秋からは、オンラインに移行しました。ドイツばかりでなく、日本から、世界各地からご参加いただけるようになりました。

カルチャーカフェのご案内は、このホームページやFacebookイベント、教室掲示板のほか、個別にメールでお送りしています。送付ご希望の方は、culturecafefuchs@gmail.comあて、どうぞお申し込みください。

      5月カルチャーカフェのご案内

                

               まひまひや雨後の円光とりもどし  茅舎

 

コロナ禍で明らかになったこと、それは科学文明を謳歌し、自らの欲望のままに生きていた人間が、実はこの大自然の中でまったく無力な存在だと分ったことではないでしょうか。目にも見えないヴィールスに、簡単にやられてしまう人間も、実はこの生物多様性の中に、one of themとして暮らしています。さてそこで、今回カルチャーカフェは、今まで一度も扱ったことのない生物学がテーマです。それも、研究対象は寄生虫! ご一緒に、あらためてこの虫目線から、世界をのぞいてみませんか。講師は、なんとご自分でも寄生虫を飼っていたという、記野秀人さん。日本からのオンラインによるご登場です。下記の申し込み要領によって、どうぞご参加ください。

     

                              
5月22日(土)14:00 (ドイツ時間) 21:00 (日本時間)開始。 Zoomにて開催いたします。

講師:    記野 秀人  

1950年岐阜県大垣市生まれ。東京都立大学理学部生物学科卒業。理学博士。浜松医科大学医学部寄生虫学講座(現ウイルス・寄生虫学講座)に39年間在籍。専門領域は寄生虫生態学、発展途上国における寄生虫感染の疫学。

 

 

テーマ: 「寄生虫の生活と生存戦略」

第二次世界大戦後、多くの日本人にとって寄生虫は困ったものであると同時になじみ深い存在でもありました。何しろ8割もの人が何らかの寄生虫に感染していたのです。その寄生虫が今では医者ですら多くが見たことがないほどに激減した背景には、寄生虫の生活環を知り、その上で集団検査・集団駆虫という適切な対策をとった社会活動がありました。敵を知ることは感染症対策の基本なのです。そこでまず寄生虫の世界を概観することにしましょう。

次いで寄生虫の生活と生存戦略を考えてみます。寄生という生活様式は他の自由生活性の生活様式に比べ複雑かつ多様です。なぜこんな面倒な生活を送るのか、ご苦労な話だと思ってしまいます。しかしそれぞれは「如何に子孫を多く残すか」という生物の根本的命題に根ざした生存戦略の賜物なのです。

最後に人間社会と寄生虫感染の関わりについて若干の実例を見ながら現在われわれを煩わせているCOVID-19の流行にも思いを馳せてみたいと思います。

 

 

お申し込み方法:

5月18日(火)までに、culturecafefuchs@gmail.comあてお申し込みください。参加者には、Zoomの招待リンクをお送りいたします。なお、Zoomの使い方が分からないという方は、サポートいたしますので、ご遠慮なくお申し出ください。また、講師に聞いてみたいということなどがありましたら、事前にどうぞお知らせください。

 

お願い:

カルチャーカフェご参加は無料ですが、よろしければ、主催者が活動しているNPO、ひゅうまねっとe.V.にご寄付をいただければ幸いです。収益はベニンの学校建設に使われます。

寄付先はこちら:https://humanet1986.org/JP/kihu/

 

 

お問い合わせ先:  culturecafefuchs@gmail.com   Tel +49 173 5145 476

2月カルチャーカフェのご案内

          デュッセルドルフソフィア会共催    

           

        はるかなる地上を駆けぬ猫の恋 波郷

 

海外に暮らしていると、さまざまな折に、今まで自明だと思っていた自分の考え、感性が、居住地でまったく通用しないことに気づかされます。そこで初めて、では、その自分のもとになっているルーツは何なのか、探ってみたい気持ちにかられます。今回のカルチャーカフェ、その切り口は男・女の関係性。社会によってすりこまれた私たちの後ろに控えている宗教、歴史、ご一緒にのぞいてみませんか。講師は、ドイツで研究生活を送られ、長い間、宗教間対話にかかわってこられた岡野治子清泉女子大学名誉教授、日本からのご登場です。


2月27日(土)

 

講師:    岡野 治子  

1941年東京生まれ。上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。広島大学教授、清泉女子大学学長を経て、現在清泉女子大学名誉教授。専門領域は、比較宗教学、社会倫理学、フェミニスト神学。フランクフルト大学、ザルツブルク大学、ティルブルク大学客員教授として、宗教間・異文化間対話の講義・ゼミを担当。

主な著書に、『宗教のなかの女性史』、『日本女性史・中世篇』、『希望の倫理』、『日本文化におけるキリスト教神学の意味』(独文)、『「和」の原理の功罪』(独文)など。また『女性の視点による神学事典』の共著、共翻訳、共編集に携わる。日本の諸宗教とキリスト教文化との間を往来しながら、人間観、家族観、社会倫理をジェンダーの視点で再考している。

 

テーマ: 「男・女の関係性- 東洋と西洋の歴史でどのように展開したか −」

フェミニズムが問題視した男尊女卑の思想は、洋の東西を問わず、よく似た社会現象を創出しました。しかしその原点となっているアンバランスな男性観・女性観はいずれも歴史的経緯のなかで、宗教思想と微妙に絡みながら形成されたもので、当然ながら、宗教圏によって異なっています。従って、フェミニズムが求める女性解放のための解答も、欧米と日本では、必ずしも同じではないのです。 

そこでこの講座では、人間とは何か、男と女という性の違いは、本来どういう意味を持ったのか、まずその起源を辿ってみましょう。歴史の進展のなかで、家父長制が台頭すると、二元的な価値観が優先され、単なる性差が、性差別に転換するのです。そのような価値観は、家族観、倫理観、社会観にも影響を与えます。当然、東と西では、異なった様相を呈します。

日本の宗教文化に通底している「和」は、人と人を結びつける原理として、1500年の長きにわたり、日本人に親しまれてきました。夫婦間、家族間、また社会の「和」が理想とされてきた一方、個々の人間の自由と人権、妻や子どもの人権・尊厳に対する意識が薄弱でした。キリスト教文化圏の欧米では、個々人に「和」・「間柄」よりも、「自立」・「自律」が要請されてきたように、対照性が見られます。このような徳目の相違に着目しながら、より良い男女の関係性、家族の関係性を模索したいと思います。

 

 

 1月カルチャーカフェのご案内

         

         風花の華やかに舞ひ町淋し たかし

 

コロナ禍の新年、皆様いかがお過ごしでしょうか。ドイツにいると、あまり年賀状を目にすることがありませんが、それでも今年日本から来た年賀はがきには、たくさんアマビエのモティーフが飛び交っていました。最初はいったい何だろうと思ったものです。さて、今回のカルチャーカフェは、そのアマビエ現象を切り口として、背後にある日本文化にみられる怪異現象・妖怪などについてお話をうかがいます。昔話によく出てくる鬼は、私たちにとってなじみの深いものですが、それはドイツやヨーロッパのメルヘンとどのように違うのでしょうか。講師は、妖怪研究の第一人者、小松和彦さん、日本からのご登場です。ご一緒に、私たちの心のルーツを考えてみませんか。

 

                                    
1月30日(土)

 

 

講師:    小松 和彦 

1947年、東京都生まれ。国際日本文化研究センター名誉教授。京都先端科学大学特別招聘客員教授。日本の妖怪文化や異界観、陰陽道研究のパイオニア。「怪異妖怪伝承」「怪異妖怪画像」の二つのデータベースの制作者。主な著書に、『妖怪学新考』『妖怪文化入門』『鬼と日本人』『異界と日本人』『神になった日本人』『異人論』など多数。

 

テーマ: 「日本の怪異・妖怪文化を考える―現代アマビエ騒動を手がかりに―」

昨年来、世界中が新型コロナ・ウイルスに攻撃され、これまで経験したことがない事態に追い込まれました。日本もその渦中にありますが、そんな中で、昨年の上半期には「アマビエ」という幻獣が注目を浴び、社会現象というまでになり、後半からは、吾峠呼世晴による鬼退治をテーマにした漫画『鬼滅の刃』およびそのアニメが大評判になっています。劇場版アニメはすでに、これまでの興行成績トップの『千と千尋の神隠し』を抜いたそうです。いずれも妖怪の仲間ですが、この講演では「アマビエ」とは何か、なぜ人びとの関心を引きつけたのか、妖怪の歴史の中にいかに位置づけられるのかといったことをお話してみましょう。

 

11月カルチャーカフェのご案内

                    

もの学ぶ冷たき頭つめたき手 青畝

 

コロナ禍で、世界は一変しました。しかし、実は変わっていないばかりか、いっそうそれに拍車がかかったという一面があります。その一つはジェンダー問題。今回、このアクチュアルなテーマについて、日本を代表するフェミニズム研究者、上野千鶴子さんを囲んでご一緒に考えてみませんか。

今回は、カルチャーカフェ初めてのオンライン開催です。上野さんは日本からの登場! 

 

 

                                    
11月14日(土)

 

講師:    上野 千鶴子  

1948年、富山県生まれ。東京大学名誉教授、NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。 女性学、ジェンダー研究のパイオニア。 近年は、老い、福祉、ケアに専門領域を広げている。『家父長制と資本制』『スカートの下の劇場』『近代家族の成立と終焉』『生き延びるための思想』『おひとりさまの老後』『身の下相談にお答えします』『戦争と性暴力の比較史へ向けて(編著)』など著書多数。

 

テーマ: 「コロナ禍とジェンダー」

講演動画https://www.youtube.com/watch?v=JxVahrKYfCA&feature=youtu.be

非常時には平時の矛盾が拡大・増幅してあらわれます。コロナ禍をジェンダー視点から見ると、どのようなことが言えるでしょうか。休校によるこどものケアや家事負担、非正規雇用の解雇、シングルマザーの直面している苛酷な状況、DVによる虐待など、今までの問題が女性のうえに大きくのしかかってきました。その一方で、コロナ禍をめぐる政治の状況では、女性リーダーによる対策が世界的に見て成功していると言われます。

 何人か参加者の方々からドイツの状況についても報告していただき、日本と比較しながら、コロナ禍と女性について、ご一緒にお話をしていきましょう。